ことばの花束

―わかくさっ子のつぶやき集―

「子どもたちのことばにしっかり耳を傾けて、子どもの心によりそいましょう。」と昭和59年から始めたつぶやき集です。
子どもたちが普段何気なく発する「ことば」(つぶやき)を、保護者と先生が採集しています。
子どものことばを大切にすることは、その子の心を大切にすること、その子の育ちを支えることにつながります。
それらを年度末に編集し、毎年[ことばの花束]として1冊の文集にまとめ、今年度は38集目が発行されます。 今までに累計16,000編以上のつぶやきが収録されています。

コンテンツ準備中です。

ページの上へ戻る